食べる日焼け止め 女王のオイル

この3連休は本当に暑く日差しが強かったですね、

どんなにカバーしてもしきれないのが紫外線、

紫外線を浴びると体内で「活性酸素」が大量に発生し、肌細胞を攻撃することでお肌が老化するということもあり

日焼けは気になるところですね

紫外線による活性酸素の発生を予防し、発生した活性酸素を除去するには、

良質なエクストラヴァージンオリーブオイルを沢山摂取するのが効果的ですよ

良質なオリーブオイルにはポリフェノールやビタミンEを筆頭に抗酸化成分が30種類以上も含有されています。

抗酸化成分は種類によって体内での作用する場所が違うため、種類が多ければ多いほど身体の抗酸化に繋がります。

2012年にフランスで行われた調査では
日々の食生活にオリーブオイルを取り入れている人は紫外線によるお肌の老化、シミ、シワなどが著しく少なかったという報告があります。
紫外線で減少しがちなエラスチンの減少も最も少なかった事も報告されています。

飲む美容液「女王のオイル」は飲む「日焼け止め」でもあるのですね♪

特に体内でビタミンA・C・E(エース)が揃うと身体の中から日焼けを防ぎ、夏の疲れも癒してくれるので

私が最近良く食べるサラダ

ざく切りキャベツ4分の1
グレープフルーツ1個
女王のオイル大さじ2杯
ブラックペッパー
ハーブソルト

ワシャワシャまぜて頂きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です