オリーブオイルの脂肪酸は理想的なバランスなんです!

こんにちは!

横浜元町サロン・レジーナ
エステティシャン/女王のオイルセラピストの神田です。

女王のオイルディプロマ取得セミナーで

良質なオリーブオイルに含有されている必須脂肪酸の話をしたので、
こちらにも投稿しておこうかと思います。

オリーブオイルには必須脂肪酸である
リノレン酸(オメガ3系)と
リノール酸(オメガ6系)が含有されています。

えっ!!リノール酸含有しているの???

と驚かれる事がたまにあります。

現代の食事ではオメガ6系の油を過剰摂取していることと

精製されたオメガ6系の油がトランス脂肪酸化していることもあり、

オメガ6系は控え オメガ3系の摂取を増やしましょう!

という事をメディアなどでよく見聞きすることから

「控えましょう」

が、オメガ6系のリノール酸はとってはいけない!!

「悪!!」

そんな風に思っている方がたまにいらっしゃいます。
*トランス脂肪酸は別物なのでとる必要はありません

必須脂肪酸とは体内で作る事が出来ず、

食事で摂取しなくてはいけない脂肪酸なのです。

オメガ6系のリノール酸も必須脂肪酸です。

オメガ3系の主な働きは、

アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、血管拡張

オメガ6系の働きは

アレルギー促進、炎症促進、血栓促進、血液を固める

など、お互いが逆の働きをすることでバランスをとっているのですが、

一見オメガ6系、
身体に悪そうに感じますよね、、、

しかし、オメガ6系は血管や細胞膜にとって大切な働きをする必須脂肪酸でもあるんですね、

なのに、オメガ6系をとらず
オメガ3系だけをとるという方が増えている事から

今起こっているのが

オメガ6系欠乏症を起こし
お肌が炎症する方が増えているという事・・・

極端な世界となっております。。。

全ては品質と摂取バランスなのです。

さて、オリーブオイルの主成分であるオレイン酸はオメガ9系です。

主な働きは、血液中の悪玉コレステロールを少なくして動脈硬化や心臓病、

高血圧の予防にも効果があるとされています。

また胃腸を整え、便秘解消にも効果的ですね、

オメガ3系:オメガ6系:オメガ9系の理想的な摂取比率

(1):(2~4):(7~10)といわれています。

良質なオリーブオイルはこのバランスが

植物油のなかで最も理想に近いバランスのオイルなのです

少しオメガ3が足りないかな、

そこを補うといった点でも

お魚に女王のオイルをかけたり、
おやつにクルミを食べるのおすすめです!

お写真のように海鮮丼やお刺身には醤油に女王のオイルをいれて頂きますし、

カルパッチョなんて最高ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です