女王のオイルダイエットのすすめ ☆適塩にするには

女王のオイルダイエットのすすめシリーズをまとめているページになります↓  ↓  ↓  ↓  ↓
♡女王のオイルダイエットのすすめ♡

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

こんにちは、

横浜元町サロン・レジーナ
エステティシャン/女王のオイルセラピストの神田です。

塩は控えめにの続きになります。

さて、1日の塩分量を5gにするのはどうするかな・・・

そこで神田のとった行動は

家での調理に塩や醤油は使わない。

地中海式ダイエットでも塩を控えてハーブやスパイスで味を整えるとあります。

日本には出汁がある!!

ちょうど年明けから神田は出汁とりにはまっていた

お野菜を中心とした食事を濃い目の出汁や女王のオイルで旨みをつけ、ハーブやスパイス香味野菜などで味を整えます。

女王のオイルをかけると本当に旨みが増すのです♪

サラダは女王のオイルにレモンの搾り汁やバルサミコなど、お塩は使いません。

あくまでも家での調理に塩や醤油を使わないだけなので、もともとの食材に塩分は含まれていますし、出汁で使う昆布や鰹節にだって少量ですが塩分は含まれています。お味噌にももちろんね

全く塩分をとらないわけではないということ、適塩にするということ

ですね!

外食はしてますよ~

1日でも塩分減らすとかなりの薄味さんになるので、外食すると塩分濃度にビックリ!!

食べるものは考えて選びますが、よっぽど塩分が高い物でなければ大丈夫です。

しかし、私のように家で塩や醤油を使わないのは無理!!

という方と

外食時で適塩にする為のポイントとして

◇塩分の多い物は最後に食べるだけで自然と食べる量をコントロール出来ます。

塩は控えめに でも少しふれていますが

私たちの身体は恒常性を保つために最初に口にした塩分に比例して脂質やタンパク質を欲して食べる量が増えてしまうので、最初に口にするものは塩分少ないものからどうぞ

◇加工食品や外食を食べる時は最初に水を飲んでおく

食事中に水を飲むと消化が弱くなるので、最初に飲んでおくと良いですよ

コンビニ食は塩分・添加物の宝庫なのでおススメはしないのですが、

いやいや、どうにもコンビニしか今日はないの~

そんな時は手のこんでいないシンプルな物を選んで下さい。

手が込こんでいる(調理されている)ものほど塩分・添加物てんこ盛りです。

野菜何品目の~  とか

タンパク質が~  とかのうたい文句

この場合どうでもいいです。

質の悪い油と添加物で調理されたものにビタミンもミネラルも期待しないでください。

何もありません。

ただの添加物のかたまりです。

添加物は太るのよ・・・

◇カリウムの多い新鮮な野菜や果物を食べる。

地中海食の基本色鮮やかな野菜や果物を沢山食べる。

特にカリウムの多い野菜や果物は塩分の排泄促してくれますからね!

◇適温で食べる

塩味は冷えたものほど強く感じられます。

出来たてで熱いと「塩がたりない」と感じてしまうので熱すぎる料理は少し冷ましてから食べると良いとおもいます。

◇麺類の汁は残す

これは基本ですね

ご自身で作る時も一品だけ濃い口にするとか、

調理中はなるべく塩を使わず食べる時に表面に塩をふると塩味を感じやすく量を減らせます。

そして塩も天日塩など身体に良いお塩を選ばれると良いかと思います。

塩が悪いのではなくて
あくまでとりすぎず、

適塩にする!
という事がポイントです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です