水銀式体温計・37度の赤い印

こんにちは、

横浜元町サロン・レジーナ
エステティシャン/女王のオイルセラピストの神田です。

ベルサロンレジーナの営業は引き続き、オゾン発生器の設置、消毒衛生に時間をかけながらご予約時間に合わせた営業、臨時休業をしております。無理なくご来店いただけるようでしたら、前日までにご連絡いただけると安心かと思います。

 

 

マスクは流通するようになりましたが、いまだ店頭でなかなかみかけない品物、

 

それは体温計

久しぶりに店頭で体温計をみかけましたよ

 

さてさて、

店頭では見かけることがなくなった水銀式の体温計、子供のころは水銀式でした。

 

水銀式の体温計には37℃のところが赤くなっています。

電子式でもオンにすると一度37℃が表示されるのお気づきでしたか?

 

あれは「発熱の基準」ではなく「平均体温」を示す線です。

 

10歳から50歳前後の健康な方の体温の平均値は36.6℃~37.2℃だそうです。

これは日本人の平均値ですが、外国人の方の基礎体温は37℃以上で38℃を超えないと発熱とは言わないそうです。

だから冬でも半袖なのか~、へぇ~
と納得したものです。

 

なので、体温計の示す37℃は健康の目安。むしろ平熱が37℃の方は免疫力高くて健康といわれているのですが、、、

 

コロナ感染対策で37.5℃の目安がでていたころ、

平熱の違いで37,5℃が示すものは違うのだけどなぁ、、、と気になって仕方がありませんでしたが

厚労省も「37.5度以上の発熱が4日以上続く」としていた従来の表現は、平熱に個人差があるなどの理由から記載をなくしましたね。

 

むしろ平熱が35℃台の低体温は様々な病気を引き起こすので

平熱37℃を目標に体質を改善していきたいところです。

 

高周波温熱器インディバは体の内側から熱をつくり、続けていくことで平熱37℃を目指せます。

収束し平穏な日々が戻りましたら、冬に向けての燃える身体作りを始めていきたいですね、

早く皆様の体を温めたい♪

 

インディバ30分でもご利用いただけます

ご予約状況はこちらをご覧ください。

ご予約はこちら

お問合せはこちら

ライン@からもご予約頂けます。お友達追加宜しくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です